ふーわん(中)
5c6a3cd3221393215f8f9a37 5c6a3cd3221393215f8f9a37 5c6a3cd3221393215f8f9a37 5c6a3cd3221393215f8f9a37 5c6a3cd3221393215f8f9a37 5c6a3cd3221393215f8f9a37

ふーわん(中)

¥5,940 税込

送料無料でお届けします

その他送料についてはこちら

家族で揃えたい、片手でも両手でも包むように持ち上げられるお椀「ふーわん」。 お椀のデザインは、ヨシタ手工業デザイン室、制作は、石川県の漆器の産地山中で挽物作家の中嶋武仁さんによるものです。 お箸を使ってお味噌汁の具を食べる時、片手で持っても手に馴染むように、また両手で包むようにしてお椀を持ち上げる時は、手のひらや指先で支えやすいよう下膨れのフォルムになっています。 安定感のある広めの高台と、指当りが心地良いように滑らかなカーブに仕上げ、随所に色々な工夫が施された、とても使い勝手の良いお椀です。 拭きうるし仕上げで、落ち着いた赤茶色にうっすら木目が見えるのが良いですね。 サイズは、大、中、小の3サイズ。 (大は欠品中です) 大は、具沢山の汁物にぴったりな、少し大きめのサイズ。 中は、一般的な汁椀のサイズ。 小は、小さなお子様にちょうどいいサイズ。陶器を使うのはまだ心配、でもプラスチックの器は使いたくない、という方におすすめです。 ご家族お揃いで年齢や用途に合わせてお選びください。 -SIZE- 直径:10.8cm 高さ: 5.5cm -MATERIAL- みずめ 拭きうるし(朱)仕上げ 【商品の取り扱いについて】 ◎木製、天然漆です。お湯、水どちらでも洗えます。 ◎中性洗剤でも使用できます。 ◎直火、電子レンジ、オーブンは使用しないでください。 ◎タワシ、みがき粉、食洗機での食器洗いや乾燥機などの使用は避けてください。 ◎体質によっては漆でかぶれる恐れがあります。万が一かぶれの症状が現れたときは速やかに医師の診断を受けてください。 ◎直射日光等の紫外線に長時間さらしたり、著しい温度湿度の高い状態は避けてください。 ◎落としたり強い衝撃を加えると、傷がついたり割れることがあります。 ※こちらの商品は、一点一点作家による手づくり品です。 そのため、素材の色合いや風合い、形状、模様、サイズなどは一点ごとに微妙に異なります。 お届けする商品は商品ページの写真と全く同じものにはなりませんので、ご了承の上ご購入をお願いいたします。 ひとつひとつの手作業により生まれる作品それぞれの表情を、是非お楽しみください。 ------------------------------------------------------------------------ ヨシタ手工業デザイン室 Yoshita handi-design studio 吉田守孝 Moritaka Yoshita 1965年 石川県小松市生まれ 1988年 金沢美術工芸大学工業デザイン専攻 卒業 (財)柳工業デザイン研究会入所。柳宗理に師事、デザインと民藝を学ぶ。 (財)柳工業デザイン研究会所員として、佐藤商事(株)「柳宗理デザイン」シリーズのステンレス鍋、フライパン、キッチンツール、ストレーナー、カトラリー、包丁、耐熱ガラスボール等の製品デザイン。テーブルウェア等の復刻製品化等。(株)キッツ、アクチュエーター用スイッチボックスのデザイン。セゾン美術館「柳宗理デザイン」展、東京国立近代美術館「柳宗理〜生活のなかのデザイン〜」展ほか、企画、会場構成、図録編集等の協力。平凡社「柳宗理―エッセイ」「Yangi Design」編集、企画協力。金沢美術工芸大学において講演。 2007年 多摩美術大学非常勤講師 2009年 ステンレスセンヌキのデザイン。       センヌキビールバーに出展 2011年 コド・モノ・コト「くーわん」(お茶碗)のデザイン。       センヌキビールバーに出展       (財)柳工業デザイン研究会退所       ステンレスナベシキのデザイン。       ヨシタ手工業デザイン室設立 2012年 コド・モノ・コト「ふーわん」(塗椀)のデザイン。       木製トレイのデザイン。       CCJクラフト見本市2012出展 2013年 東京国立近代美術館ギャラリー4にて開催された「現代のプロダクトデザイン−Made in Japan」にセンヌキなどの作品が展示される。       東京都国立市のcircle[gallery&books]にて個展「PROCESS」を開催。