麻のハンカチ
5c6a3ccb221393215f8f99f8 5c6a3ccb221393215f8f99f8 5c6a3ccb221393215f8f99f8 5c6a3ccb221393215f8f99f8 5c6a3ccb221393215f8f99f8 5c6a3ccb221393215f8f99f8 5c6a3ccb221393215f8f99f8 5c6a3ccb221393215f8f99f8 5c6a3ccb221393215f8f99f8 5c6a3ccb221393215f8f99f8 5c6a3ccb221393215f8f99f8 5c6a3ccb221393215f8f99f8 5c6a3ccb221393215f8f99f8

麻のハンカチ

¥7,700 税込

送料無料でお届けします

その他送料についてはこちら

  • ダイヤ柄/墨

    残り1点

  • ダイヤ柄/白

    残り1点

  • ダイヤ柄/藍

    残り1点

  • 丸柄/墨

  • 丸柄/白

    残り1点

  • 丸柄/藍

    残り1点

織り作家、高見由香さんの作る麻のハンカチは、繊細でその美しさには思わずため息が出てしまうほど。 それもそのはず、このハンカチは、高見さんの細かな手仕事によって、染め・織り・ドロンワークといった様々な工程を経て、完成されるのです。 まず、材料であるラミー麻に、墨で手染めをします。ラミー麻とは、葦麻(イラクサ)科の苧麻に分類される麻で、繊維がとても強く水分の吸湿・発散が早い為、ハンカチに適した素材です。また、シャリ感や光沢感があり、涼し気で上品な雰囲気を持ち合わせています。 次に、ハックレース織り(発祥は諸説あり)という手織りをします。ハックレース織りとは、向こうが透けて見える、繊細で立体感のある柄行です。 仕上げは、ドロンワークという技法で、布の織り糸をタテ・ヨコに抜いて糸でかがる仕上げを、四方に施しています。 このように、染め・織り・ドロンワークといった、手の込んだ様々な手仕事が、このハンカチ一枚にぎゅっと詰まっているのです。 こんな素敵なハンカチを持っている人がいたら、思わずハッとしてしまいますね。大人のたしなみとして、大切な場面では上質なハンカチを持っていたいものです。 織り柄は、丸柄とダイヤ柄の2種類、色は藍、白(染めなし)、墨の3色からお選びいただけます。 -SIZE- 縦横:約28cm -MATERIAL- 糸:ラミー麻100% 染料:藍、墨 【商品の取り扱いについて】 ◎洗濯の際、多少色落ちすることがありますので、他の物と分けて洗濯してください。 ◎漂白剤はご使用にならないでください。 ◎直射日光に長時間放置すると日焼けすることがありますので、お気をつけください。 ※こちらの商品は、一点一点作家による手づくり品です。 そのため、素材の色合いや風合い、形状、模様、サイズなどは一点ごとに微妙に異なります。 お届けする商品は商品ページの写真と全く同じものにはなりませんので、ご了承の上ご購入をお願いいたします。 ひとつひとつの手作業により生まれる作品それぞれの表情を、是非お楽しみください。 ------------------------------------------------------------------------ 高見 由香 Yuka Takami 1979年 兵庫県生まれ 2001年 多摩美術大学美術学部デザイン科インテリアデザイン専修卒業       インテリアデザイナーを経て、織り作家へ